読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

全ては彼の手のひらの上だった 『リライブ』【小説おすすめ】

小説

リライブ (ハヤカワ文庫JA)

未来へ跳んだ夏、過去を変えた秋、時に挑んだ冬。

すべては君の、完璧な春のために。

2013年春、転生し続ける女、国枝小霧(くにえださぎり)の結婚式に届いた一通の祝辞が、物語の真実を語り出す。

未来から来た少年・保彦を救うため、 中学二年の美雪が時を超えた1992年夏『リライト』。

予知能力を持つ千秋霞が、息子が死ぬ未来を変えた1992年秋『リビジョン』。

タイムパトロールの少女・ホタルが、ある書籍を持った少年と邂逅した1997年冬『リアクト』。

すべての出来事は、この完璧な春のために……四季を巡る物語、完結篇。


リライブのここが面白い

国枝小霧という少女

なぜ……

どうして……

なぜ、私は「小霧」という名前から逃れられないのだ!

1992年夏、国枝小霧は誕生した。

国枝小霧は1000年以上前から「小霧」だった。

何度死んでも、気がつくと「小霧」として生まれてくる。

いったい彼女は何者なのか?

なんの因果で転生し続ける運命になってしまったのか。

分かっている事実は一つだけ。この少女の兄の名は「保彦」

全ては計算通りだった

シリーズ第1作「リライト」において未来からやって来た「保彦」、第2作「リビジョン」では過去を改変した事による問題が起き、第3作「リアクト」では「リライト」そのものをひっくり返された。

そこで物語は終わったはずだった。

しかし、全ては「保彦」の手のひらの上だったのだ。

彼は何の目的で、こんな事を始めたのか。

その謎が「リライブ」によって語られる。


繰り返される「リライト」

2006年、岡部中学校に転校生がやって来た。

名を「園田保彦」。

そう、彼はまたタイムリープしてやって来たのだ。

何の為にやって来たのか。 目的は何なのか。

2013年現在、彼は語った。

「私はもう一度リライトを起こしたのです」

まとめ

今回は、「リライブ」を紹介した。

過去4作に渡ったre〜シリーズは今作で完結となる。

時代も話もあっちこっちに飛び、中々難解な作品ではあるが、理解力には自信がある方にはおすすめの作品である。

1000年前と、1000年後。 その2つを絡ませた壮大な物語は必読である。