読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

未来を改変した先に起こる事とは『リビジョン』【小説おすすめ】

小説

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

時間にだって、抗ってみせる。

1992年秋、家の女性に代々受け継がれる手鏡を使って、未来を視ることができる千秋霞。

彼女はある日、生まれたばかりのひとり息子ヤスヒコが一週間後に亡くなるビジョンを視てしまう。

霞は手鏡の能力を利用して、息子が死ぬという「未来」の改竄に挑むが……

我が子のために手段を選ばない母親の狂気と、絶対的な時間のルールが交錯する。

『リライト』から数カ月後の未来を揺るがす第2作。

「リビジョン」のここが面白い

未来の改竄に挑む

家の女性に代々受け継がれる手鏡を使って、未来を視ることができる千秋霞。

彼女は生まれたばかりの息子ヤスヒコが一週間後に亡くなるという未来のビジョンを視てしまう。

霞は手鏡の力を利用し、息子が死ぬという「未来」の改竄に挑む。

しかし、そこから「現在」「過去」「未来」の自分から様々な警告送られてき、時空を巻き込む大問題に発展していく。

母の取った決断

物語の中で母、霞千秋は重要な決断を迫られていく。

未来の改竄を行った事で様々なほころびが生まれてきたのだ。

我が子のために手段を選ばず、狂気に支配された母親は何を決断したのか。

絶対的な時間の流れに母は抗うことが出来たのだろうか。

前作「リライト」との繋がり

本作は前作「リライト」から数ヶ月後の物語になる。

前作「保彦」と今作の「ヤスヒコ」の繋がりとは?

未来を改竄していくことで「リライト」の物語で起こっていた変化とは?

無関係に見えた2つの物語が繋がっていく。


まとめ

今回は、「リビジョン」を紹介した。

「リライト」の時に起こっていた問題は、実は「リビジョン」の話と繋がっていた。

果たして「保彦」とは何者なのか。

2つの物語が繋がって謎が解けていく構成となっている。