読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

山田孝之が出演したドラマのおすすめランキング

ドラマ

f:id:r-types:20160611195211j:plain
今回は山田孝之さんが出演したドラマのランキングになります。

山田孝之さんはトップクラスの俳優にしては出演作はそんなに数は多くはないですが、安定して面白いドラマに出演している印象ですね。





第7位 信長協奏曲

誰もが知っている織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという設定のもと、
弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かってこぎ出し、
やがてその夢を勝ち取る寸前までたどり着く姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出していく。
小栗 旬柴咲コウ、向井 理、山田孝之ら、強力なキャスト陣を迎え、これまでの“時代劇"の既成概念を覆す
“ポップでスタイリッシュな時代劇"が誕生!
織田信長」という日本史上最大にして最強の英雄の謎を紐解き、“日本の歴史"と“エンターテインメント"の常識を打ち破る、
全く新しい“戦国エンターテインメント"

修学旅行で時代村にやって来た高校生のサブロー(小栗 旬)は、アトラクションに迷い込んでしまい、抜け出そうと登った壁から落下してしまう。
目を覚ますと、建物など何もない自然風景。携帯電話も圏外。そこへ馬に乗った侍が来た。声をかけたサブローはビックリ。その侍が自分そっくりなのだ。
侍は織田信長(小栗 旬・二役)と名乗り、「自分の代わりに生きてくれないか?」と告げる。
アトラクションだと疑わないサブローは、信長の証としての刀を受け取って承諾した。
信長たちが去り、新たに出現した侍たちに、サブローは信長と思われたまま那古野城へ連れて行かれる。
そこに今川勢が攻めて来たとの知らせ。まだアトラクションと思い込むサブローだったが、
戦場で繰り広げられる命のやりとりに、ようやくここが本物の“戦国"だと気づいて…。

第6位 タイヨウのうた 主演作

タイヨウのうた DVD-BOX

タイヨウのうた DVD-BOX

難病XPを患う雨音薫は、親友の松前美咲やレストランを経営する両親と湘南の町に暮らす。薫は藤代孝治が捨てたギターを拾ったことからギターを始め、有名歌手橘麻美に憧れ歌手を目指していた。一方孝治は、人生の目的も見つけられず漠然と日々を過ごしていた。美咲が撮影したビデオを見て孝治のことを再び見た薫はストリートライブをしている最中に彼と出会うが、冷たくあしらわれる。その後再会する二人だが人生に対して投げやりになる孝治に薫は呆れ、言い合いになってしまう。さらに孝治は麻美のコピーばかりする薫に嫌悪感を抱いていたが、薫の自作曲「Stay with me」を聞きその考えを改める。その後の一騒動で一気に近づいていく薫と孝治だったが、薫の病気は少しずつ進行していた。

第5位 ファイアーボーイズめ組の大吾 主演作

ファイアーボーイズ・め組の大吾 完全版 DVD-BOX

ファイアーボーイズ・め組の大吾 完全版 DVD-BOX

 幼い頃火事に遭い、消防士に助けられた一人の少年がいた。朝比奈大吾、18歳。
 そして今、少年は大人になり、新米消防士となった。
 炎の中に見た、あの英雄を目指して——。
 だが、配属されたのは一見全くやる気がなさそうな、通称“め組”こと「めだかヶ丘出張所」。
 しかし、実はそこは、伝説の消防士・五味消防司令率いる、消防のプロフェッショナルたちの居場所、まさに“生死を賭けた最前線”だった。
 正義感、使命感に燃える天真爛漫な大吾が、仲間たちとともに闘い、悩み、笑い、泣き、一人前の消防士へと成長していく姿を描く挑戦物語。
 大人気コミック「め組の大吾」を原作に、最新CG技術を駆使して制作する渾身の感動ヒューマンドラマ。

第4位 H2 ~君といた日々 主演作

H2 ~君といた日々 DVD-BOX

H2 ~君といた日々 DVD-BOX


中学時代、エースピッチャーだった国見比呂(山田孝之)は、医師から「ガラスの肘」と診断され、野球を断念。あえて野球部のない私立千川高校に進み、サッカー部に入部する。しかし、あるきっかけで再び野球への情熱に火がつき、古賀春華(石原さとみ)がマネージャーをつとめる、野球同好会に入る。そして、奇しくも野球名門校、明和第一高校に進んだライバル・橘 英雄(田中幸太郎)と試合することになる。そんな二人を見守る英雄のガールフレンド・雨宮ひかり(市川由衣)。一方春華は野球一筋の比呂が次第に気になる存在になっていく…。甲子園に夢をかける高校生の情熱と恋のストーリー。

第3位 白夜行 主演作

白夜行 完全版 DVD-BOX

白夜行 完全版 DVD-BOX

ただ太陽の下を一緒に手をつないで歩いてみたかった、父親を殺した少年と母親を殺した少女。そんな主人公たちが白夜をさ迷い往くかのようにさらなる罪を積み重ねていく中で、本当の罰が彼らの心と記憶に下されていく14年間を、せつなくも残酷なタッチで描いた歪んだ愛の軌跡。2005年のクリスマスイブ、サンタクロースの扮装をした亮司(山田孝之)は血まみれで道端に倒れている。その姿を彼方から見やる雪穂(綾瀬はるか)は瞳に涙を浮かべたまま背を向けて、逆方向に歩き出すのだった。1991年秋、図書館に通い詰めていた11歳の亮司(泉澤祐希)は、そこで同級生の雪穂(福田麻由子)と知り合う。それは2人にとっての初恋だった。
悲劇の序章となる父親殺しを皮切りに、長い年月を通して犯され続けていく罪の数々は、根負けするほどの濃厚さで物語として綴られていく。主人公たちの陰惨な行いは、時として見進めるのに気が滅入ってしまうほど。しかし、これで視聴をあきらめてしまうのはあまりにももったいない。このドラマは最後の3話分にこそ見ごたえの頂点が用意されているのだ。
最悪からはじまった亮司と雪穂の二人の純愛は、その最悪が自己正当化されるにほど、2人だけの世界において奇妙なほどに純度を高めていく。誰もが目をそむけたくなるほどの醜さを、お互いに抱きしめ合うことで生き抜いていく主人公たちの過酷な人生は、それと同化する形で時間を共有する価値を十分に持ち合わせている。
生きながらに死相を漂わせる亮司役の山田孝之の鬼気迫る演技は強烈そのもの。表情の微妙な変化でその心情を生々しく表現する雪穂役の綾瀬はるかの凄みにも随所に身震いさせられる。偏執的なまでに事件の真相を追い続ける捜査の鬼としての顔から、ついには父性までも宿らせる刑事・笹垣を演じた武田鉄矢の存在感も圧巻だ。

第2位 世界の中心で、愛をさけぶ 主演作 おすすめ!!


片山恭一の大ベストセラー小説をドラマ化。2004年公開の映画もヒットし“セカチュー”ブームを巻き起こした「世界の中心で、愛をさけぶ」。最愛の恋人を亡くして以来17年間心を閉ざし続けた主人公・朔太郎が、彼女の思い出と向き合い、未来へ踏み出すまでを描く。ドラマでは原作を基に、オリジナルストーリーで贈る。
主人公・松本朔太郎(=サク)の高校時代を山田孝之、17年後の朔太郎を緒形直人が演じ、現在と過去が交錯しながらストーリーは展開する。ヒロイン・廣瀬亜紀役には人気女優の綾瀬はるか。このほか、三浦友和桜井幸子手塚理美松下由樹仲代達矢ら豪華俳優が脇を固める。

第1位 ウォーターボーイズ 主演作 おすすめ!!

ウォーターボーイズ DVD-BOX

ウォーターボーイズ DVD-BOX

スマッシュヒットとなった同名映画の2年後という設定で、再びシンクロ公演に挑む男子高校生たちの奮闘ぶりを描いたさわやか系青春ドラマ。学園祭で見た男子のシンクロにあこがれて水泳部に入った進藤勘九郎山田孝之)は、高校生活最後の年にシンクロチームのリーダーを務めることに。そんな矢先、教育委員会から公演の自粛要請がくだされる。いったんはシンクロをあきらめる勘九郎だったが…。
映画版のシチュエーションをそのまま引き継ぐも、勢いで攻め立てた映画版よりも折り目正しく作ってある印象。シンクロの練習に熱く励むスポ根のりもあった映画版に対して、ドラマ版はむしろシンクロ公演にこぎつけるまでのさまざまな困難を乗り越えていくエピソードの方に重きが置かれている。本番のシンクロに登場する男の子たちは、250人の中から選びぬかれた美少年ぞろい。