読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

タイムパラドックスが生み出した、残酷な夏の結末。『リライト』【小説おすすめ】

小説

リライト (ハヤカワ文庫JA)

過去は変わらないはずだった。

1992年の夏、中学2年生の美雪は、 未来からやってきた保彦と出会う。

旧校舎崩壊事故に巻きこまれた彼 を救うため、10年後へ跳んで携帯 電話を持ち帰った。

そして2002年 の夏、思いがけず作家となった美雪は、その経験を題材にした一冊 の小説を上梓した。

彼と過ごした ひと夏、事故、時空を超える薬、 突然の別れ……。

しかしタイムリ ープ当日になっても10年前の自分 は現れない。

不審に思い調べてい くなかで、同級生の連続死など記 憶にない事実が起きていることに 気づく。

過去と現在の矛盾が生み 出した、残酷な夏の結末とは。

「リライト」のここが面白い

2311年から来た未来人との出会い

1992年の夏、中学2年の美雪は、2311年の未来からやって来た保彦と出会う。

そこに彼は突然現れた。

唐突に、何の前触れもなく突然現れたのだ。

「あの、あなた、どこから」

「見なかった事に………って言うのは無理なんだろうな」

そこから二人の秘密を共有した物語が始まっていく。

過去は変わらないはずだった

10年前、旧校舎崩壊事故に巻き込まれた保彦を救うため、美幸は10年後の自宅にタイムリープを行い携帯電話を持ち帰った。

しかし、タイムリープして来るはずの10年前の自分が来ない。

「嘘だ。ありえない。」

「『過去』が変わってる?」

一体どこで変わってしまったのか。

もし変わってしまったのなら、自分の存在はどうなってしまうのか。

解消される謎と疑問

『リライト』では1992年と2002年の世界の物語が交互に描かれていく。

その中で数々の疑問が起こり、さらにエピソードごとに主役のヒロインの名前が変わっていくので混乱をする。

しかし、終わりに近づき最後に謎がまとめて解消されていくスピード感は凄い。

これぞまさに最悪のタイムパラドックスを書いたSFミステリー小説である。

まとめ

今回は、「リライト」を紹介した。
かなり集中して読まないと、置いてけぼりをくう可能性もあるが、読了後に、中学生とその10年後の大人の不気味で残酷な心の闇をつきつけられるであろう。